埼玉県上尾市にある街のくるま屋オートサプライ鈴木はディーラー同等の技術と安心を低価格でご提供します。車の修理、車検、傷へこみ、保険事故、新車・中古車販売、何でもお任せのプロショップです。

オートマオイル交換ならトルコン太郎設置店で

  • HOME »
  • オートマオイル交換ならトルコン太郎設置店で

高性能オートマオイルチャンジャー トルコン太郎設置店

トルコン太郎

オートサプライ鈴木は高性能ATオイルチェンジャー・JAM製 トルコン太郎 設置店です。

ATオイル、CVTオイル 共に交換が可能です。
圧送方式も循環方式もこれ1台で対応可能です。

※AT(CVT)オイル交換は国産車のみの対応とさせていただきます。

 

こんな時にAT/CVTオイル交換をおすすめします

1、加速時の変速ショックが大きくなってきた
2、NレンジからDレンジにするとショックが出る
3、変速がスムーズでなくなってきた
4、燃費が悪くなってきた
5、加速が悪い感じがする
6、中古で購入した車なので、前のオーナーがAT/CVTオイルの交換をしているかわからない
7、汚れたオイルをとにかくきれいにしたい!

※変速しない、異音がする、変速ショックが極端に大きい、クラッチが滑っている感じがする、などの症状はミッション自体の故障が原因ですので、ATオイル交換をしても症状は変りません。ATミッションの修理または交換が必要です。
そのようなことにならないためにも定期的なATオイルの交換が必要です。

 

AT/CVTオイル交換のメリット

1、発進加速がスムーズになります
2、シフトチェンジが快適になります
3、燃費が改善します
4、ミッションの寿命がUPします

愛車と地球にやさしい快適ドライブが可能になります

 

高性能AT/CVTェンジャーのトルコン太郎の特徴

フィルターのモニター

1、循環方式より交換効率の優れた圧送交換が可能
2、3つのモニターにより、新油 / ミッション内部のオイル / 抜き取り油 の具合が一目でわかる
3、クリーニングモードでオイル内に浮遊している内部のスラッジなどの除去が可能
4、クリーニング機能で10万KM走行車でもリスクを最小限に交換が可能
5、圧送交換が不可能な車種は従来の循環方式での交換も可能

 

車種により圧送交換の対応と非対応があります

 

圧送交換が可能な車種

AT/CVTミッション本体からホースでオイルクーラーへ接続されている車種
(従来の国産車のほとんどがこのタイプです)

レクサス、クラウン、マークX系のアタッチメント導入しましたので圧送交換が可能になりました。
オイルクーラーがミッション本体に直接取り付けられている車両は、外部ホースとトルコン太郎を接続することができませんでした。
トヨタFR系アタッチメントを導入しましたので圧送交換が可能になりました。

接続

 

圧送交換ができない車種

比較的新しい車種に多いタイプで、ATミッションから直接オイルクーラーへ接続されている車種になります。

オイルレベルゲージを使用した循環方式での交換は可能ですが、トルコン太郎の最大のメリットであるクリーニングモードが使用できませんので、過走行車は対応できない場合があります。
過走行車で交換を希望される場合はオイルパン脱着洗浄とストレーナー交換をおすすめします。

※輸入車は圧送交換も循環交換も対応しておりません

 

AT/CVTオイル交換の施工費用

圧送方式、循環方式、AT/CVTオイルのレベルゲージあり、なしで工賃が異なります。

圧送方式での交換

工賃7,560円+交換に使用したAT/CVTオイル代
※レベルゲージの無い車種は+3,780円になります。
※車種により追加費用が発生する場合があります。

 

循環方式での交換

圧送方式で交換が不可能な場合は循環方式での交換になります。

レベルゲージのある車種は工賃3,780円+交換に使用したATオイル代、
レベルゲージのない車種は工賃7,560円+3,780円+交換に使用したATオイル代

 

お取扱いATオイル

アイシン製3種類、ワコーズ製4種類を取扱っていますので、ほとんどの車種をカバーしております。
純正オイルをご希望の場合はお取り寄せになります。

 

AISIN アイシン スタンダードオイル(ミッションメーカーが作った高性能万能型)

アイシンのATオイルは ほとんどの国産車のミッションに適合しています。
ATミッションを作っているメーカーが販売しているオイルですので安心して使用できます。

アイシンAEW+

AFW+ (AT用) 1,080円/1L
CFB (CVT用)1,512円/1L
CFEx (CVT用)1,512円/1L

 

WAKO’S 和光ケミカル ハイグレードオイル(こだわりの高性能)

ATF S-S(ATF セーフティスペック) 1,944円/1L
ATF H-S(ATF ハイパーS) 2,268円/1L
ATF P-S(ATF プレミアムスペック) 3,024円/1L
CVTF P-S(CVTF プレミアムスペック) 3,024円/1L

純正や他のオイルは在庫しておりませんので、希望される場合はお問い合わせください。
お客様によるオイルのお持込はお受けしておりません。

 

圧送交換に使用するAT/CVTオイル量の目安

2~3万KMごとに交換する場合はメーカーが公表している規定量の1.0~1.5倍量(5~15リットル位が一般的)の交換がおすすめです。

5万KM以上交換せずに走行している場合は、上記の圧送交換を2回することをおすすめしています。
1回目の交換で内部の洗浄クリーニングをして、2回目の交換で更にキレイになります。
軽自動車で圧送交換5リットル×2回で約10リットル、普通車で圧送交換10リットル×2回で20リットルが一般的です。

新油同等までキレイに交換したい場合は、モニターを見ながら交換量の調整ができますので、経験やカンに頼ることなく無駄なく交換することが可能です。

 

内部オイルモニター

通常、どのようなATオイルチェンジャーを使用してもATミッション内部の構造上、全てのオイルを交換することは不可能ですが、トルコン太郎なら内部オイルのモニターでオイルの汚れ具合を確認しながら交換することができるので、ATオイルの汚れ具合を見ながら交換する量を調節することが可能です。

 

整備工場の技術でオイルパン内部の洗浄も可能です(オプション作業)

10万KM以上走行したお車はオイルパンを取り外して、内部の洗浄とオイルストレーナー(フィルター)のお取替をおすすめします。

 

画像中央の黒っぽい部分がストレーナー(オイルフィルター)です

 

取り外したオイルパンの底には鉄粉がまざったスラッジが・・・

 

左が使用後、右が新品のストレーナーです

オイルパン洗浄、オイルストレーナー交換の作業の流れ

1、AT/CVTオイルパンからオイルを抜き取ります。

2、オイルパンを取り外し内部を洗浄します。

3、オイルストレーナーを交換、または洗浄をします。

4、オイルパンを元に戻し、抜いた量のAT/CVTオイルを補充します。(ここで2~5リットル入ります)

5、トルコン太郎を接続してクリーニングモードで洗浄します。

6、新しいオイルで圧送交換します。

施工費用

通常のAT/CVTオイル交換の施工費用+オイルパン内部洗浄・ストレーナー交換工賃+部品代(ガスケット・ストレーナー・抜けた分と同量のオイル代)になります。
※ストレーナーの部品供給がない場合はフィルターの洗浄作業になります。
車種、使用するオイルのより費用が異なりますので下記フォームからお問い合わせください。

参考費用:アイシンオイル20リットル使用の場合で3~5万円です。

施工したお客様の声

実際にご利用いただいたお客様からは
「変速ショックがほとんど気にならなくなった」
「加速が良くなった」
「アクセルを軽く踏むだけで気持ちよく走るようになった」
「燃費が向上した」
と感想をいただいております。

オイルパン内部洗浄とストレーナー交換、20リットルの圧送交換により、施工前との走行フィーリングは激変します。
「まるで新車のようなスムーズさ」という表現がピッタリになります。

オイルパン脱着洗浄、ストレーナー交換に要するお預かり期間は1日から2日です。
代車もご用意できます。

埼玉県上尾市でAT/CVTオイル交換 お問い合わせフォーム

予約の空き状況、その他お問い合わせは、
「お電話」または下記「お問い合わせフォーム」をご利用ください。

オートマオイル交換お問い合わせフォーム

 

埼玉県上尾市でAT/CVTオイル交換 お見積りフォーム

↓お見積もりご希望の方はお車の走行距離を確認し車検証をご用意してこちらから↓
※誠に申し訳ありませんが、明らかにご来店ができない方のお見積り依頼はご遠慮ください。

オートマオイル交換見積もりフォーム

その他、お問い合わせはお気軽にお電話、またはお問い合わせフォームをご利用ください。

「ホームページ見た」とお電話ください TEL 048-775-3322 定休日 日曜・祝日
営業時間 9:00-18:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 有限会社オートサプライ鈴木 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.